保健師の面接での対策ポイント

保健師の転職に限らず、他の職種でも重要なポイントになるのが面接です。書類などももちろん大切なポイントになりますが、やはり面接で直接会って話をする事が最も判断しやすく、重要なものと位置付けられています。

そのため、ぜひこの職場に転職したいという企業があれば、面接対策を事前にしっかり行っておく事をお勧めします。面接で大切になるのは大きく分けて3つあり、第一印象、志望動機、自己PRです。

まずは第一印象です。人は見た目でまずは判断されるという事は良く言われますが、これは確かにそうと言えます。最初の印象が良いと、その後の印象も良い場合が多く、これは転職をする際の面接官から見た印象にも当てはまります。

第一印象で損をしないように、清潔感のある服装で、明るく丁寧な挨拶で面接に臨むようにしましょう。最初の面接官の方の反応も、余裕があればうかがっておくと良いでしょう。ほのかに笑みがあれば、第一印象は良いと言えます。

次に志望動機です。これは事前に理由を考えておく事がとても大切です。ほとんどの職場で聞かれる事なので、あまりないとは思いますが、たまたま質問されなかった時にも、他の職場で聞かれる事は必ずあります。そのため、事前に考えておいて損はないので、時間を取って考えておきましょう。

面倒だからと表面的に考えるのはあまりお勧めしません。じっくり自分を掘り下げて、その中から出た答えを伝えられるように考えましょう。

最後に自己PRです。自分は何ができるのか、どういったスキルを身に付けているのかという事をアピールしていきます。ここで大切なのは、相手にとって何がプラスになるかを考えるという事です。

あなたが良い条件で転職したいのと同様に転職先の面接官の方も、職場に貢献してくれる、プラスになる方を採用したいと思っています。頑張りますだけでは難しく、どういった貢献ができるのかを伝えられるようにしていきましょう。相手の事を考えると、それがPRになります。