電話で占い師に恋愛相談!電話占いの上手な利用方法は?


「当たる占い」だけが価値がある?知っておきたい占いの最大のメリット

当たる占いこそが最高の占いだと信じて、絶対に当たると評判の占い師を探す人もいるでしょう。

特に恋愛中や深い悩みを抱えているときに、占いに頼りたくなる気持ちは分かります。

ただ、当たる占いだけ価値のある占いなのか、つまり相談者の人生を明るく照らしてくれる道標になるのかに注目して考えてみてください。

占いの持つ最大のメリットは、占いの結果を聞いた相談者が前向きになり、人生を切り拓こうという意欲を持てる点です。

絶対に当たる占いは存在する?

感の鋭い人は、相手の気持ちや心の動きに敏感です。 目には見えないことを感じ取る能力に優れているのですね。

なかには第六感を働かせ、本能で未来のことを予知するタイプの人も確かに存在します。 けれど、どんなに第六感が鋭い占い師でも、未来のことを100%言い当てることは不可能です。

予知と言えばノストラダムスが有名で、彼の大予言によれば1999年に人類が滅びるはずでしたが、わたしたちは今も元気に暮らしています。 歴史に名を残すような予言者でも、予言がはずれることはあるのです。

当たる占いは逆効果になることも

もしも自分の死ぬ日を知ることができたら、あなたは嬉しいですか?
“心の準備ができるから嬉しい”という人より、“その日が来るのが怖くてたまらない”とい人のほうが多いのではないでしょうか。

当たる占いが逆効果になって、占う前より相談者が憂鬱になってしまうケースがあります。

「彼が私のことをどう思っているのか知りたい」と言う人は、必ずと言って良いほど「彼はあなたが大好きです」という占い結果を求めています。

「本当のことを知りたい」と口では言っても、占い師から「彼はあなた以外の女性が好きです」と告げられたとしたら、激しく落ち込むでしょう。
それが事実だとしても、いえ、事実だからこそ相談者の気持ちは深く傷ついてしまいます。

もし占い師から「彼はあなたのことが気になっているみたい。頑張れば良い結果が出ますよ」と言われたら、相談者は前向きな気持ちで彼に接するようになるでしょう。その結果、もしかしたら両思いになれるかもしれません。

つまり、占い師の言葉の使い方次第で、未来が大きく変わる場合があるのです。

「当たる占い」より価値がある「元気がでる占い」

心を開いて何でも話せる占い師に出会いたいと思っているならば、「当たるかどうか」を絶対視してはいけません。 それよりも、相談しているうちに自信や気力がでてきて、あなたが自然に笑顔になれるような占い師を探してください。

そんな占い師と出会うためには、ある程度お金と時間を必要があります。

1回目に占ってくれた人があなたと相性抜群ならば文句なしですが、その可能性はかなり低いでしょう。

数人の占い師に同じ相談をしてみると、誰が自分と波長が合うのかよく分かりますので、運命の占い師を見つけたいときにはおススメの方法です。

人生相談や恋愛相談、仕事の相談などといった具合に、話したいジャンルごとに占い師を変えるのも良いですね。

まとめ

占いは心のビタミン剤、そんなイメージでとらえてみてください。

当たる占いにこだわらず、心が喜ぶ占いをしてくれる人を探せば、“一生付き合っていきたい!”と思えるような占い師と出会えるでしょう。

↑ PAGE TOP