保健師の仕事に英語や語学は生かせる?

保健師の資格を持っている方の中でも、中には英語が堪能な方もいると思います。英語のスキルを生かしながら保健師の仕事ができるかというと、これは実は可能性は大きくあります。

英語スキルを十分に持っている保健師の方はまだまだ少なく、今後需要が更に伸びていく事が予想されますが、それに気づいて学んでいる方は少ないです。そのため、英語と保健師資格、両方を生かせる方は、チャンスは大きいと言えます。

一つの例では入国審査があります。これは空港で入国する方の身体検査を行ったりする仕事で、日本に在留する資格があるか、違反がないか、難民に認定されている方なのかどうかなど、様々な項目を検査します。

ここでなぜ保健師が重要になるかというと、感染症などにかかっている方もおり、そうした方は入国する事ができません。保健師はこの検査をする事ができるので、必要な存在とされているのです。そして、入国者と話をするのに英語が必要になる事が多いです。

ただし、入国審査の仕事をするには保健師だけでなく、国家公務員の試験と入国管理局という部署の面接に合格する事が条件となります。非常に高いハードルになりますが、目指す価値のある職業と言えます。また、他にも保健師が活躍できる職場として、インターナショナルスクールがあります。

外国人の方が通う学校で、日本の学校保健師と同じような仕事をします。外国人の方の健康管理を行い、病気の予防を促していきます。

このように、英語や語学を生かして保健師の仕事をできるフィールドは実は大きく、様々な方面で仕事をする事ができます。応募する方も限られてくるため、競争率も低くなりやすく、スキルを生かして良い職に就ける例の典型とも言えます。

ぜひ高いスキルを生かして、良い仕事に就けるように頑張ってほしいと思います。求人は転職サイト等で多く募集されているので、定期的にチェックしていれば、自分に合う職種が見つかりやすくなります。