電話で占い師に恋愛相談!電話占いの上手な利用方法は?


占星術ってどんな占いなの?本当に当たる?



占星術とは?

占星術は、古くから行われてきた占いの一つです。星や月、惑星などが私たちの生活に大きな影響を与える、という考えが元になっており、人の性格や個性も生まれた時の天体の位置によって決まるのだと言います。

占星術のルーツは古代バビロン王朝まで遡り、現代でも非常に人気があります。2012年にアメリカで行われたアンケートでは、調査対象者の3分の1が占星術は「科学的」であると考え、10%が「非常に科学的」であると回答しました。

占星術は当たるのか?

惑星や星が直接、人間に影響を与えることはありません。
占星術は誰にでも適用できるという特徴があります。

現代での占星術の計算は、「惑星は地球の周りを公転している」という古くからの考えに基づいています。(実際には、惑星は太陽の周りを公転しています。)

占星術師が変われば、占いの結果も変わります。

占星術では生年月日に応じて、黄道十二宮(十二星座)のいずれかに分類されます。ただし長い年月の中で天体の位置関係が少しずつずれてきたため、占星術が始まった頃と現在では、黄道十二宮(=太陽が真上を通過する星座)も変化しています。

占星術では黄道十二宮の分類によって、人の性格が決まると考えられています。

しかし実際は同じ日に生まれたからといって、同じ性格にはなりません。占星術師は占う相手のことを見ずに、誕生日と天体の位置だけで、その人の行動や性格を形式的に判断しています。

これはある種の偏見と言えるかもしれません。

占いで本当に人間の未来が分かるのか?

人々は古代から占いを頼りにしてきました。人や動物などの動きから未来を予測する人もいれば、挽いたあとのコーヒー豆の形で占いをする人もいました。現代もタロットカードや水晶玉、サイコロなどを用いて占いをしています。

しかし占いの結果は、どこまで信用しても良いのでしょうか?

占いが抱える一貫性の問題

占い結果の一貫性について考えてみましょう。

例えば、ある人が2人の占い師に同じ方法で同じ内容を占ってもらったら、論理的には同じ結果になるはずです。しかし実際には、そうならない場合も多々あります。

占いの方法が変わると結果も変わりますし、同じ方法でも占い師によって結果が異なる場合もあります。

占い師はどうやって未来を見ているのか?

占いは徐々に怪しいものと見なされるようになりました。占いに否定的な人たちは、カードや水晶玉は単なる小道具であり、占い師は客の反応を観察しているのだ、と言うのです。

例えば占い師がごく普通の質問をしたとき、小道具を見るのではなく、相手が何か打ち明ける素振りを見せないか観察しています。
そして相手が深く考えずに語った内容や取った行動までちゃんと把握しています。

なかには莫大な財産を築いた占い師もいますが、その人たちは客から非常に信頼されていました。

聖書によると、未来は変化するもの

占星術と占いの習慣は、私たちの未来があらかじめ決められていることを意味しています。
しかし、そうでしょうか?聖書には、人々には信じることややりたいことを選ぶ能力があり、その選択によって未来が変化することが書かれています。―ヨシュア24:15。

神を信じる人が占星術や占いを否定する理由はほかにもあります。

神はあらゆる形態の占いを認めていません。聖書の中には、次のような言葉があります。

「占いをしている人、魔法を練習している人、前兆を探している人、魔術師、他の人を呪文で操っている人、霊媒者または占い師に相談する人、または死者を問う人だれにとっても、これらのことをエホバには探知できません。」 - 申命記18:10-12。

↑ PAGE TOP