保健師の仕事をする際の服装は?

保健師として仕事をする際に気になる方もいるポイントとして、服装があります。看護師は白衣を着るのが通常ですが保健師には白衣という印象はあまりありません。実際の所、服装はどうなるかというのは、実は職場ごとに異なっているというのが現状で、特に白衣を着なければならないという職場は少なくなっています。

白衣姿に憧れを持っている女性も多いので、白衣を着ない職場も多くあるので、少し残念に思う方もいるかもしれません。その中でも学校保健師という、学校でいわゆる保健の先生として保健室で仕事をする場合は、白衣を着る事もあるようです。

他の保健所で働く際や企業で働く産業保健師などは白衣を着ないのがほとんどで、その場合は私服にエプロンなどを付けて仕事をします。エプロンもしない場合もあるので、転職を検討している際は、求人情報などでチェックしておきましょう。多くの場合は事前に聞けば教えてくれる事が多いです。

公務員として働く行政保健師の場合、地域の人たちを訪問して健康指導を行う事も多く、その場合に白衣を着用していると、さすがに目立ちすぎてしまうという事もあります。

そのため、この場合も、私服の方が自然ですし、訪問して貰う方からしても、近所の方からの印象にも影響を与えにくいため、白衣よりも私服のほうが助かるという方も多くなっています。白衣の方が医療の仕事というイメージが出やすいですが、必ずしもプラスという訳でもない事もあるのです。

基本的には保健師の仕事はあまり激しく動く事はないので、さっぱりとした清潔感のある服装であれば特に問題ないと言えます。職場の雰囲気によっても服装は合わせると、周りの方とのコミュニケーションも円滑になりますし、気を付けたい所です。

保健所の雰囲気と、産業保健師の職場である企業とでは、その雰囲気も大きく異なるため、それに合わせた服装をする必要があります。働き始めたら、周りをチェックして、どういった服装が合いそうか確認しましょう。