保健師の転職〈派遣保健師という選択肢〉



学校や保健所、民間企業と、様々な現場で活躍する保健師のお仕事。安定した収入や雇用条件の良さから、なかなか離職する人が少ない業種です。そのため、転職を考える保健師の方には厳しいかもしれません。

保健師の資格を活かしたいとお考えのかたは、より多くの保健師求人サイトを活用してマッチした職場探しを進めていくべきですが、その求人自体、数が少ないのが現実ですね。

そこで、正社員以外の働き方を視野に入れていみてはいかがでしょうか? 離職率が低いため転職がし辛い傾向にある保健師ですが、 正社員意外に派遣保健師として就職する手段もあります。

派遣社員という雇用形態は正社員での採用に比べ手軽で 保健師自身のフットワークが軽いといったメリットがあるのですが、 注意しておきたいのはあくまで一時的なつなぎであるといった点です。

あなたのプライベートの確保や就職のハードルが低いという利点の反面、 社会保険や雇用保険、ボーナスなどは期待できない事を理解した上で 保健師として働く選択肢のひとつとして考えてみて下さい。

派遣保険医として就職できる事業所は様々ですので業務内容も各々異なってくるのですが、 基本的にはその事業所に元々勤めている保健師の補助業務がほとんどです。

繁忙期など一時的な保険医不足で派遣保健師を雇い入れるケースが多いようですが、 現場のベテラン保健師のもと業務をこなす事で スキルやノウハウ、キャリア向上を図れるメリットもあります。

派遣保健師として培った経験はその後の就職活動に大きなプラスもたらすはずです。 あなた自身の価値を高めるとともに収入を得る事もできますので、 ただ闇雲に就職・転職活動を進めるよりも実りがあるのではないでしょうか?

また、保健師の資格をいかした仕事がしたいけれど 出産や育児、身内の介護など、何らかの事情でフルタイムでの勤務が難しい方が 働く手段としてもおすすめできます。

あくまで一時的な就職になりますが、メリットの多い働き方である〈派遣保健師〉。 あなたの転職活動の幅を広げるかもしれませんね。

学校保健師に必要な資格は?

保健師として働く選択肢の中に、学校保健師という仕事があります。 読んで字のごとく、“学校で働く保健師”。つまり、保健室の先生のことですね。

業務内容はけがをした生徒や体調不良を訴える生徒の手当や看護が主になりますが、 生徒達の身体的な健康管理に留まらず精神面でのケアも行う大切な仕事です。 そもそも保健師の資格取得には看護師の資格取得が不可欠ですが、 学校保健師になるにはさらに養護教諭の資格が必要になってきます。

看護師、保健師、養護教諭 この三つの資格を持っていれば、 小中高校での学校保健師として勤める事ができるのですが、 この養護教諭の資格が無い場合、(もっているのが保健師の資格のみの場合) 学校保健師としての選択肢は大学・あるいは専門学校のみに限られてしまいます。

小中高校での学校保健師の仕事は生徒の健康管理はもちろんですが 性教育や健康教育など、保健の正しい知識を普及させる事も重要です。 子供達と関わり教育するといった側面もあるため、養護教諭の資格も必要になってくるのですね。

関門の多い学校保健師への道ですが、 子供たちの教育にも関われる大変やりがいの大きい仕事です。

ここでは、いくつかある養護教諭の資格取得の方法をご案内しておきます。 養護教諭の資格には1種と2種があります。 業務内容に差はありませんが、昇格や昇給に関わってくるケースあるようです。

→養護教諭1種免許を取得する方法
・養護教諭養成過程のある4年制大学で学ぶ
・看護師免許あるいは保健師免許を取得した後、養護教諭養成施設で半年以上学ぶ
・養護教諭2種を取得した後、キャリアを積んで
 養護教諭養成過程のうち定められた20単位以上を取得。
 その後教員諸樹陰検定をパスする。

→養護教諭2種免許を取得する方法
・養護教諭養成過程のある短期大学、あるいは養成施設で学ぶ
・保健師免許を取得した後、教育職員免許法で定められた単位を取得
・臨時免許証取得後、キャリアを積んで定められた教育を受ける

保健師の仕事へのアプローチ

保健師は看護師と違い、実際に患者さんに注射を打ったり、リハビリを支援するなどの実際の医療、看護行為を行うことは稀です。企業や学校、地方自治体などで、患者さんというよりも、そのコミュニティに属する人たちの相談を受け、的確なカウンセリングやアドバイスを行うことが主要な業務となります。

現場で作業する看護師との違いはここにあります。現場に常にいる看護師でさえ、最新の医療機械や薬について四苦八苦しながら勉強し、業務を行っています。臨床ではない保健師にそれを求めるのは酷な話です。

保健師はそうではない目線で、アプローチをかけます。病気になるのを未然に防ぐためのプランを作成したり、現在厳しい環境にある人の心の声を見抜いて適切な指導を行ったり、メンタルヘルスの異状を察知して重大な症状に陥らないように医師と協力を行ったりします。看護師は実際の治療、保健師はそうならないように予防、と大きく分けて考えられると思います。

もちろん、保健師の資格の前提として看護師の資格があるわけですので、看護師の医療行為ができないわけではありません。応急処置としてそのような行為が求められる場合もありますし、契約の段階で、看護師の業務もお願いされることもあるかもしれません。

しかし、保健師として働く中では、保健師の「本分」を中心において仕事をしていくことが大切になります。臨床経験は実際に働いている看護師と比べればどうしても劣ってしまいますので、そこで勝負をするのではなく、保健師の専門分野で勝負することにしましょう。保健師は、カウンセラー、アドバイザー、コーディネーターなどの多様な顔を持ち得る大切な責任のある職業です。

保健師が働く組織の規模にもよりますが、保健師は健康のための「よろず相談」的な立場にあることが多く、単に専門知識だけではなく、相談者とのコミュニケーション能力や説明能力など、「先生」としてのスキルも必要になります。専門知識の勉強とともに、対人能力の向上も必要なります。

保健師にオススメの転職ツール

一般的に盛んに行われていると思われている看護師の転職に比べ、保健師の転職活動は数も少なくハードルは高くなりがちです。もしも行政保健師への転職を希望しているのであれば、つまり公務員への中途採用となりますので、当然簡単にかなう夢ではありませんね。

看護師にくらべ職場の環境も良く、また待遇の優遇されていることの多い保健師ですので、 そもそも看護師ほどの離職者が出ないようです。空きが出ないとなれば、当然求人の数も少なくなってしまいます。

そんな中でも、「転職がしたい!」と決意された保健師の皆さんには、ぜひより賢くスマートな転職活動を進めていただきたいものです。求人数の少ない、と聞けば、目先の条件に飛びついて転職先を決めてしまいがちですが、このような職探しでは転職活動の成功率もグッとダウンしてしまうでしょう。

可能な限り多くの求人に触れ、自身の希望条件を明白にし、 より自身の希望にマッチした職場との出会いが、入職後のミスマッチを防ぎ転職活動を成功へと導くのです。

それでは、具体的にどのように求人情報を収集すればいいのでしょうか?

ここでおすすめしたい転職ツールは、「転職支援サービス」を行っているサイトの利用です。 インターネットの普及が進んだ近年では、保健師に限らず様々な業種の方がネット上で転職活動を行っています。

最近ではスマートフォンの普及も相まって、ますます手軽に求人情報を収集できるようになりました。 転職を希望する多くの方々が、インターネットを通して新しい職場との出会いを果たしているのです。

大勢の求職者がネット上にいる、ということは、人材を求める採用側もインターネットでの求人活動に力を入れ始めます。この相乗効果によって、インターネットはいまや転職活動に欠かすことのできない転職ツールとなっているのです。

転職支援サービスを行うサイトの中には、保健師求人に特化したタイプのサイトもいくつか存在しています。ほぼ全てのサイトは無料で登録や利用を行うことができますので、 このようなサービスを賢く利用して、転職活動の成功を目指してください。